デザインの工程は理解できても、実際にどのような実績 があるかと言う情報

このサイトを使うか非かを決めるのではないかと思います。

過去に手掛けた一部の資料をご紹介します。

決して最先端の素晴らしいフォルムではありませんが、外観からは想像もできない

秘めた実力と適切な機能 優れた経済効果を内包しています。

最初は半世紀以上前に手掛けたものなのでどのようなデザイン評価になるかわかりませんが、

少なくとも私の向かおうとしていた方向性をくみ取っていただけたらと願って掲載しました

この写真は私がデザイン開発に関わった現存しているもっとも古い資料です。

NHK向けの音声卓で、従来すべてを板金溶接塗装仕上げ加工で製作していたものを

断面形状たった3種類のアルミ押し出し材と数種類の接続金具だけで基本構造を組上げ、

塗装なしのボンデ鋼板で覆った、従来に無い画期的な物で大幅なコストダウンが実現できた例です。

当時在籍していた放送機器専門製作会社内のコンペに私の発案が通り基本デザインも行いました

次は少量生産の為極力金型を使わないという条件でデザイン開発を行ったもので、

基本的に一定の厚みのアルミ板の板金加工のみでボディーを構成しています。

こちらも企業に在籍していたころ、私がデザイン担当をおおせつかった車載用の高機能放送用VTRで、

これが完成するまでは天井まで届きそうな大型機器であったものをここまで小型化に成功した例です。

こちらは数年前に私がデザインを手掛けた完成予想3Dレンダリングで、

小型バッテリシステムの筐体と結婚式場建物のデザイン例です。

ペット用水筒等小物類のデザイン例です。

全自動無人測量機のボディーデザインと小物ハンガーの例です。

組み立てキットの家具類もデザインしました。

一番右の机は健康的に立ち姿で使用するものです。

こちらも専門機器になりますが

特殊超望遠カメラのデザインと筐体設計を行いました。

その他オーディオメーカーに在籍していた経験がありますので

数々のデザインをこなしましたが中でもメカニズムに深くかかわる製品が中心でした。

過去に法人デザイン事務所を経営していて世界企業と長期間のお付き合いもありましたが、

現在新興企業のデザイン顧問に従事しています。

私という人間を知りたければ、下のアイコンをクリックすぃてください。