ザイン作業で、 ほっとする心 を追加したいと願っています。

い換えれば安心の心、安らぎの心、やさしい心を取り戻せるデザイン作業が優れていると考えますが、

だからと言って女性的なフォルム、かわいいフォルムばかりを求めている訳ではありません。

時としてはそのような方向性も必要でしょうが、鋭い刺激的な結果だってあり得ます。

この場で取り上げたかったのは、

人の心が通わない物は決して成功したとは言えない事を解っていただきたかったのです。

時として刺激的で誰も想像もしえないフォルムで満足する場合もあるかもしれませんが

一般の工業製品は大量生産が前提で多くに人々に共感を与えなければなりませんし、

例え一部の少量生産品、又は一品製作であっても

人間の心が満足できるものでなくてはならないはずです。

しかし時として、その範囲を超える、又は大切なものを知らず知らずに見失ってしまう

危険性をはらんでいることを

もう一度心して考えなければならないのです。